【第3回 週刊ダイヤモンド特別セミナーのご案内】講師に橋爪 大三郎氏を迎え「グローバル化時代の必須教養~ビジネスパーソンのためのリベラルアーツ」セミナーを2018年10月25日(木)に開催いたします。

受付を締め切りました。多数のご応募、誠にありがとうございました。

一昔前までは、ビジネスパーソンの必須教養といえばMBA(経営学修士)でした。ここ数年、それ以上に注目を集めているのがリベラルアーツです。リベラルアーツとは、直訳すれば「人間を自由にする“技”」のこと。科目としては宗教や歴史、哲学、文学や音楽などがあります。重要なのはリベラルアーツが「知識」ではなく「技」だということです。言い換えれば、物事の本質を批判的に考える力と、それを表現する力のことです。米ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学などの学部ではリベラルーツ教育が中心となっており、日本企業がグローバル人材育成のためにリベラルアーツ教育を重視しているのには、そうした背景があります。

「週刊ダイヤモンド」では5月に、「AI時代を生き抜くプログラミング&リベラルアーツ」という特集を組みました。この特集の中で読者からの反響が特に大きかったのが、社会学者の橋爪大三郎先生による「四大文明の思考法を知れば世界が分かる」という解説です。世界には大きく四つの文明が存在しており、その土台には宗教があります。従って宗教を学べば、世界の異なる文明に属するパートナーが、どのように考え行動するのかが予測しやすくなるのです。本セミナーでは橋爪先生に、「宗教で読み解く世界」という観点から、世界が注目する米中対立の構図と今後の行方、その中での日本の立ち位置についてお話いただきます。

実施概要


開催日 2018年10月25日(木)
時間 19:00〜20:50予定(開場・受付18:30)
会場 御茶ノ水ソラシティ
カンファレンスセンター RoomB

(東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ)
交通・アクセス JR中央・総武線 御茶ノ水駅 聖橋口から徒歩1分
東京メトロ 千代田線 新御茶ノ水駅 B2出口[直結]
定員

100名限定

※定員に達し次第、受付を終了させていただきます
参加費

8,000円(税込)

セミナー
特典
「週刊ダイヤモンド」3カ月分をお送りいたします。
※8,520円相当(市価710円×12冊分)の特典となります
お支払方法 クレジットカードのみ
注意事項
  • お申し込み後のキャンセル、返金はお受けいたしかねます。代理の方にご出席いただくことは可能です。また、欠席をされた場合も、セミナー特典をお送りいたします。
  • お申し込み完了後に受講証メールをお送りいたします。本メールをプリントアウトするか当日会場でこのメールをご提示ください。
主催 週刊ダイヤモンド編集部

セミナー特典 1.週刊ダイヤモンド定期購読3カ月分 8,520円相当(市価710円×12冊) 2.週刊ダイヤモンド2018年5月12日号「AI時代を生き抜くプログラミング&リベラルアーツ


プログラム内容


◆19:00〜19:05(5分)開会挨拶 深澤 献(週刊ダイヤモンド編集長 兼 ダイヤモンド・オンライン編集長) ◆19:05〜20:35(90分)講演「宗教で読み解く世界~文明としての米中関係」 橋爪 大三郎 氏(社会学者) ◆20:35〜20:50(15分)対談「日本は世界からどう見えているのか」 橋爪 大三郎 氏 × 深澤 献

※講演テーマ等詳細につきましては変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

講師プロフィール


橋爪 大三郎

はしづめ・だいさぶろう

社会学者

1948年、神奈川県生まれ。社会学者。
1995~2013年、東京工業大学教授。

主な著書に、『はじめての構造主義』『世界がわかる宗教社会学入門』『世界は宗教で動いてる』『国家緊急権』『フリーメイソン-秘密結社の社会学』など。近著に『日本人のための軍事学』がある。

橋爪 大三郎 氏


お問い合わせ ダイヤモンドセミナー事務局(平日:9:30〜17:30/土日祝休) TEL:03-6684-4194 E-mail:seminar-reception@diamond.co.jp

seminar-reception@diamond.co.jp